マガジンのカバー画像

TAM made by people

67
勝手に幸せになりなはれ。
運営しているクリエイター

記事一覧

「リーダーは好き嫌いとは違うところでメンバーとつながれればいい」もうすぐ会社を辞…

クリエイティブ・テックエージェンシーTAMの経営をバックオフィスから支える総務チームのリー…

株式会社TAM
2週間前
70

「新NISA」社員の積立てを会社がサポート、新制度に込めた願いと「お金と幸せの関係」…

「新NISA」、今年2024年から始まった新しい制度で、読者のみなさんも一度は耳にしたことがある…

株式会社TAM
1か月前
24

「お互い、生きてここで喋れてよかった」壮絶な闘病からサバイブした2人に聞く「病気…

将来のことは誰にも分からない。「病気」もまさにそう。特に若い人だと、自分が病気にかかって…

株式会社TAM
2か月前
62

リモートワークでメンタルを崩した私が「感情の起伏がすごかった1年半」で気づいた一…

デジタルエージェンシーTAMで広報担当として働く渡邉由姫乃さんは、入社当初から始まったリモ…

株式会社TAM
3か月前
90

夫婦で起業、京都でアパレル店経営。本業で身につけたマーケティング、社外で通用する…

「普段本業の仕事で使っているスキルや知識は、会社の外でも役立てることはできるのか?」、多…

株式会社TAM
5か月前
84

サッカーの理論をビジネスに活かす。元クラブ職員のディレクターに聞く「戦術的ピリオ…

デジタルエージェンシーTAMには、ユニークなバックグランドを持ち、その経験を活かして働くメ…

株式会社TAM
4か月前
44

リモートワークからハイブリッドワークへ。社員が一堂に会する機会、どう有効活用?

コロナ禍で浸透したリモートワークを継続するのか、完全出社に戻すのか——。企業によって、あるいは会社と社員との間で、その考え方は分かれるところ。そんな中、デジタルエージェンシーのTAMは、10月から「毎週金曜日は出社日」とし、ハイブリッドワークを推進しています。 そこで問われるのが「出社する意味」。社員が一堂に会する機会をどのように有効活用できるでしょうか? そのヒントをTAMの社内交流活動に見いだせるかもしれません。ECチームのディレクターでありながら、「TAM Bar」「

「生成AI時代」に求められるビジネスパーソンの仕事術、TAM社長とAIチームリーダーが…

分からないことを質問する、アイデアのブレストに付き合ってもらう、企画書をブラッシュアップ…

株式会社TAM
7か月前
49

自由や裁量なんてない方が良かった?20代未経験で転職した私たちが1年を振り返る

2022年、デジタルエージェンシーTAMに社内でたった1人のいわゆる「ひとり広報」の渡邉由姫乃と…

株式会社TAM
8か月前
114

「新卒の私」ではなく、自分の人生を歩むために。就活を終えたTAMの新卒社員8名からの…

2023年4月、デジタルエージェンシーTAMに新卒社員が8名入社しました(1名は入社を見据えたイン…

株式会社TAM
10か月前
129

日本にいながらグローバルに働くには? 海外案件を複数手がけるTAMメンバーに国籍の違…

「グローバルな仕事がしたい」と考えたとき、どんな選択肢が思い浮かぶでしょうか? 大手企業…

株式会社TAM
10か月前
44

ChatGPTは「優秀な助手」人間の役割は「コミュニケーションとディレクション」。TAMの…

「ChatGTP」などの生成AIや大規模言語モデル(以下、LLM:Large Language Models)の登場によ…

48

働きながら”勝手に”幸せになるための基本戦略、UXデザイナーが考えてみた

デジタルエージェンシーTAMは、「勝手に幸せになりなはれ」を社員の行動指針として掲げていま…

35

「YouTube請負人」“登録者2万人超え”の個人アカウントを運用、TAM松添さんに聞く秘訣と挑戦する心構え

革新的な技術やプラットフォームの出現により、デジタルマーケティングの世界は進化を続けています。特に「YouTube」はまだ歴史が浅いため、若手ビジネスパーソンにとって取り組みやすく、早くから頭角を現せる分野と言えるかもしれません。 デジタルエージェンシーTAMの広告チームに所属する松添基理さんは「企業のYouTube運用」を仕事にしています。自身でも友人と一緒にプライベートアカウントを運用し、登録者数は2万人超え。そのノウハウを転用し、社内に新しい仕事を作り出しました。